古民家カフェをお探しなら鎌倉で人気のアルビコッカへ

2017/12/01
店内の様子

古民家カフェとして10月にオープンしたばかりのアルビコッカは、明治時代から建つ築100年の古民家をリノベーションした今人気のカフェレストランです。

古民家ならではの昔ながらの建具を使った店内は大工のこだわりが節々に見え、内覧だけしにくるお客様も少なくない内装となっており、古民家好きにはたまらない場所となっております( *´艸`)

また営業時間も9:00〜21:00となっておりモーニングからディナータイムまで幅広いお客様にご利用いただいております。

お得なモーニングセットをはじめランチタイムにはたっぷりチーズとジューシーなハンバーグをふわふわ玉子でコーティング!その名もとろーりチーズのオムバーグ!ほかにもお肉料理、お魚料理、数種類のパスタランチ、14:00以降にはアーモンドミルクで作ったフレンチトーストやパンケーキ、お酒に合うイタリアンバルメニューや、お食事メニューもご用意しております。

にぎやかな小町通りを抜け閑静な住宅街にある古民家カフェアルビコッカは木を主体とした内装となっており静かで落ち着いた居心地の良い場所です。

店内のホールはテーブルのお席ですが、奥にはお座敷もご用意しており小さなお子様連れのお客様でも安心してご利用いただけます。

一軒家レストランですので駐車場も完備!外にはテラス席がありテラスは全席喫煙可能ですのでドライブの途中でコーヒーを飲みながら一服なんていう利用もできます。

木のぬくもりを感じながらゆったりとくつろげる!古民家カフェアルビコッカはそんな空間作りを大切にしております。